会長あいさつ

後援会会長ごあいさつ

大阪電気通信大学後援会
会長 吉川 隆章(よしかわ たかふみ)

「一人の時間を有意義に」

 令和3年度にご入学の皆様、保護者の皆様におかれましては、ご入学おめでとうございます。また、後援会会員及び関係者の皆様、本会の運営並びに様々な行事にご支援ご協力を頂き、誠にありがとうございます。
 新型コロナ感染も、変異株が問題となってきております。従来型に加えて、感染力の高い変異株、重症化しやすい変異株、ワクチンの効かない変異株、PCR検査をすりぬける変異株などが検出されております。さらに、二重、三重の変異ウイルスも発見され、感染力が高くワクチンの効き難い変異株の感染拡大が危惧されております。感染も蔓延化し、感染に対する意識も個人差が大きくなり、感染対策も困難となっております。特に大阪においては、医療現場は危機的な状況にあります。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年度は、大学の入学式、卒業式、学園祭などの諸行事が中止や延期、リモート開催となりました。後援会活動も制約せざるをえませんでした。毎年キャンパス探訪として、キャンパスの見学をさせてもらっておりますが、昨年は、大学の職員さんの多大な協力を得まして、遠隔授業を体験させていただきました。遠隔授業では、大学の先生方が様々な工夫をされ理解しやすいような内容になっており、参加した役員も勉強させて頂きました。今後も遠隔授業は、大学教育の中心的な役割を担うことになりそうです。対面授業に比べれば限界もありますが、遠隔授業の利便性を活かして、しっかり勉学に励んで欲しいと思います。
 後援会活動に関しては、昨年度の総会、三文の徳食堂、懇親会、学園祭等、できない行事が多かったのですが、後援会の組織自体について検討を致しました。会計監査のあり方についても検討しました。来年度より大学から財務に詳しい職員さんを送って頂き、監査できるようになりました。後援会事務局のメールアドレスは、後援会創設当時のものが使われておりましたが、時代の趨勢を鑑み変更しました。
 今年は、大学創設 80 周年という記念すべき節目の年です。周年行事に後援会としても支援してゆきたいと思います。まだまだ、新型コロナ感染は収束にはほど遠く、今年もコロナ禍での厳しい1年となりそうです。後援会としては、地道な活動を感染に留意して、できることを考えてやってゆこうと思います。本会の活動に関してご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い致します。